Restaurant & Bar

【ザ・ロビーラウンジ】オレンジ・ペコー スペシャルライブ 6月14日開催決定

壮大な眺望を望める心地よい空間で素敵な音楽とお食事を楽しめる、ザ・ロビーラウンジ。夜ごと繰り広げられるライブミュージックは、大切な方とのひとときに華を添えます。この6月には、ジャンルを超えて活動する男女2人組の音楽ユニット「オレンジ・ペコー」が一夜限定ライブを開催。雰囲気のある音色のギターとソウルフルな歌声が素敵な夜を演出いたします。

日程
2019年6月14日(金) 一夜限り

時間
午後8時~午後10時

場所
ザ・ロビーラウンジ(45階)

料金
24,000円(シャンパーニュ「ザ・リッツ・カールトン プライベート キュヴェ」を含むドリンクのフリーフロー+カナッペ付)
14,500円(1ドリンク+カナッペ付)
6,500円(1ドリンク付)

オンライン予約 

  • こちらのイベントは事前予約・入金制となります。ご予約確定後に、レストラン予約から振込先詳細等についてご連絡を差し上げます。
  • 上記は税金、サービス料別の料金です。
  • ドリンクはビール、ハウスワイン、カクテル、ソフトドリンクからお選びいただけます。
  • お席の指定は承れませんので予めご了承ください。 

 


「オレンジ・ペコー」について

ナガシマトモコ (ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成。
ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど様々な音楽を独自に昇華し、2002年1stアルバム『Organic Plastic Music』(BMG Japan)のセールスが35万枚を超え、メジャーデビューとともに幅広い支持を獲得。「日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を初め数々の賞を受賞し、収録曲「Happy Valley」は史上初となるFMラジオ32局のヘビーローテーションを獲得。

ライブにおいては、歌とギターのデュオ編成、レギュラーバンド編成、また総勢18名によるビッグバンド編成など様々な形態で開催。3rd作『Poetic Ore; Invisible Beautiful Realism』(BMG Japan)の全国ツアーでは、NHKホールでのファイナル公演をDVDとしてリリース。アジア各国、ニューヨークでのCDリリースやライブ公演など、海外でも幅広い支持を獲得。

またCDジャケットや映像作品を中心に、アートやファッションとのコラボレーションも多数。そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。

作品ごとに常に新しいサウンドを展開し、現在まで8枚のオリジナルアルバムをリリース。
2013年リリースの7thアルバム『Oriental Jazz Mode』(KING RECORDS)では、中近東、北アフリカ、またアジアなどを含むオリエンタルな要素をミクスチャーし新たな境地を開拓。
2014年にはビッグバンド/ジャズオーケストラ編成で録音された最新作『orange pekoe with the Big Band Party Night!!! 』(KING RECORDS)をリリース。
ライブでは既にファンの間で人気曲の「Wanderer Soul」を初収録し、代表曲「LOVE LIFE」はライブヴァージョンにて収録されるなど話題に。

2016年より拠点をNYへ移し、ライブ活動などを行なう。その後、2018年にはLAに拠点を移す。
2019年帰国し日本での活動を再開。 

その他、それぞれソロとしても活動。
藤本一馬はギタリストとしてこれまで4枚のソロ名義作品をリリース。
2016年の最新作«FLOW»(SPIRAL RECORDS)では林正樹(pf)と西嶋徹(cb)とのトリオを軸にアルゼンチンからシルビア・イリオンド(vo)、ブラジルからジョアナ・ケイロス(cl)を迎え録音。これまで国内および海外の多数のアーティストと共演し、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。

また、ナガシマトモコは初のソロ・プロジェクト’Nia’の1st アルバム『NIA』(KING RECORDS)を2012年にブルックリンにて録音。
NY で活躍する新進気鋭のジャズミュージシャン達とともに制作され、新世代ネオソウルサウンドを追求。
2014年の国内発売に続き、2015年4月には米国盤、ヨーロッパ盤もリリースされ、Wax Poetics JapanとのコラボレーションによるDJ SpinnaのNia’Natural Law’REMIXなどと共に話題となる。

 

 

お問い合わせ先:

Tel: 03-6434-8711 03-3423-8000(代表)